アトピーは皮膚科でどのような治療がされるのか?

Presented by:アトピー肌徹底調査!

ステロイド軟膏が処方されて、塗れば一時的には症状は良くなります。でも塗るのをやめるとまた再発します。

30代・症状
手首と肘の内側にアトピー

皮ふ科で強めのステロイドが入った外用薬を処方されていました。初期の頃は本当にかさぶたがひどく、朝起きると背中が血だらけになるほどでしたが、その薬を塗って1ヶ月もしないうちに鎮静しました。ずぼらな性格もあり、治ると塗るのをやめ、また痒くなったら塗って、の繰り返しでした。高校生になってから通っていた皮ふ科が潰れてしまったため、違う皮ふ科に行ったところそれまで処方されていた薬がステロイドが強すぎで副作用が出る可能性があるとのことで弱めの薬を処方していただきました。それからも同じような感じで冬の乾燥した時期に発症して塗って治す。といった状況が現在まで続いております。

33歳・症状
主に体に症状が出ます

月に2回、漢方も処方してくれるクリニックにかかっていました。状況によって電気治療などしていただき、薬は主に体質改善の漢方を処方されていました。漢方薬のお値段が結構高く、毎回診察費含めて1万円以上支払っていたと思います。遠方だったため移動費も高くて…それでも1年間通い続けていたら次第に痒みの範囲が狭まっていたので、良い病院だったのかなと今は思います。

30代・症状
頭皮、顔、首、腕や足の関節部分など。

皮膚科で最初は問診と診察を受けて、お医者様からアドバイスを受けて飲む薬と塗り薬を処方してもらって、これらの薬を出してもらえると症状がだいぶ緩和されていって症状がとても楽になって来るので定期的に薬が終わったら通っています。

23歳・症状
背中と腕がアトピーで赤くなる。

子供のころから常に皮膚科に通い薬をもらっています。ステロイドの薬など使いすぎるのは良くないと思い、ひどい時だけ使用し、軽くなったときに保湿に切り替えるようにしています。子供の頃は飲み薬もよく飲んでいました。

39歳・症状
顔の目、口周りに赤みとかゆみ。ひじの内側、膝の裏も赤くなりかゆみがありました。

皮膚科で塗り薬をもらっていました。その塗り薬は私のアトピーによく効いてくれました。薬を使うのが毎日となると成分なども気になりますが、私の場合、季節の変わり目だけなのでかきむしって傷になるよりは、薬で痒みを抑えた方がいいと思い使っていました。

29歳・症状
手、足、お腹がアトピーでカサカサして痒かったです。。とくにひじの裏の症状が強く出ていました。

週1回は皮膚科に通っていました。治療は赤外線をあててアトピーの治療をしていました。薬は飲み薬と塗り薬を処方されていました。個人差があるとは思いますが、病院に通ってもなかなか良くならず、効果がないように感じました。そのため病院通いがとても苦痛でした。

30代・症状
腕や足の関節部分ほおや目のまわり夏の時期は首周りなど汗をかく場所も

皮膚科の通院暦は長く、先生も同じ薬を処方してくださるだけで進展がさほどありませんでした。自分で調べて脱ステロイドを考えてみたり、界面活性剤を使用していない洗剤を使ってみたり、肌に直接触れるものはなるべく綿素材を使用しています。シャワーも塩素除去のシャワーヘッドを使用しています。入院をきっかけにステロイドの正しい使い方とアトピーに関する知識の指導を受け、現在はステロイドとワセリンを併用して治療しており、症状はかなり落ち着いています。

30代・症状
顔、首、腕、胸、背中、おしり、足と全体的に症状が出ており、顔や首は赤みとかゆみがあり、腕を足はカサカサになり皮がむける状態でした。

当時まだ子供だったので、親の言うなりに皮膚科に行っていましたが、ステロイド剤を使っていました。塗り薬の処方だけで痒みがひどい時だけ塗っていたのを覚えています。使いすぎると皮膚が黒くなると言われ、怖かったのを覚えていますが、効果は絶大で使用した翌日にはほぼ症状が治まっていました。当時ステロイドに頼っていましたが、現在完治した今、特に皮膚が黒くなったという事はありません。

35歳・症状
関節裏に良く発症し、腕、膝の裏が常に痒くて痛かったです。そして耳の下、首がひどがったです。

皮膚科を受診しました。妊婦ということでか、飲み薬はなく、軟膏を処方されました。問診で、医者に、かゆみがひどく黒ずむから、コーヒーによるアトピーだと言われましたが、大好きなコーヒーはカフェインがあるから、妊娠後は飲む量を減らしていたので、納得は出来ませんでした。

41歳・症状
背中のアトピー。